株式会社 JACC渡航センター   株式会社 JACC渡航センター お問い合わせ
24時間の監視セキュリティーシステムにより皆様の個人情報を厳重に管理!世界各国の代理申請のできる国々におけるすべてのビザ代行取得・旅券の代理申請・各認証の代理手続・査証代行業務に関する書類作成などをお取り扱いしております。

ヨーロッパ>イギリス

イギリスビザ (TIER4/STUDENT VISITOR等)
 
イギリス査証を申請するにあたり、4歳以下の方を除き申請者は国籍にかかわらず、 ビザ申請時に指紋採取及び写真撮影が義務付けられました。
よって大阪、東京にある英国ビザ申請センターに申請者本人がパスポート及び申請書類を持参しなければなりません。


 大阪:英国ビザ申請センター
 (地下鉄堺筋線及び長堀鶴見緑地線の長堀橋駅下車2B出口を左へ)
 大阪府大阪市中央区南船場 2-4-1 美貴ビル6階
 ※ 英国大使館ではありませんのでご注意ください。


※申請後にマニラにあるイギリス領事館判断で追加書類や拒否されることがありましても当社では責任は負いかねます。また、実費・手数料も返金はできませんのでご了承ください。
★本人申請及び指紋採取、写真撮影をする上での査証申請の流れ
1. 当社でお客様に記入していただいたお伺い書及び質問書を基に申請書を作成する。
(申請書はWEB登録・APPENDIX8はタイピング作成)
             ▼
2. (T) 留学ビザ取得の場合は、本人名義の通帳に現地滞在費+宿泊費を十分カバーできるだけの金額を 28日以上残金保存し、28日が経過した時点でいくらかの入出金をし、最終の記帳をする。
その後通帳のコピー@表紙、A1〜2ページ(氏名、口座番号、銀行の支店の載っているページ)B28日前〜最終金額残金保存した証明となるすべてのページを当社に送付。
(最終記帳は申請日より1ヶ月以内) またその他、日本語の書類(戸籍謄本・出生証明書など)も英翻訳するため一緒に送付。
日本人で現地学校がHighly Trusted Sponsorならば不要
             ▼
(U) 留学ビザ以外の場合は、本人名義の通帳に現地滞在費+宿泊費を十分カバーできるだけの金額を残金とし、最終の記帳をする。(過去6ヶ月間の明細のあるもの)
その後通帳のコピー@表紙、A1〜2ページ(氏名、口座番号、銀行の支店の載っているページ) B過去6ヶ月間の記載されているすべてのページを当社に送付。
(最終記帳は申請日より1ヶ月以内)またその他、日本語の書類(戸籍謄本・出生証明書など)も英翻訳するため一緒に送付。
             ▼
3. お客様の希望に基づき当社で申請予約を取得する。
また、上記(2.)で送付していただいた銀行通帳を英訳し、翻訳証明手続きが完了次第、当社で作成した申請書APPENDIX8及び英訳・翻訳証明済みの通帳コピー申請予約証明書+請求書、その他お預かりした書類をお客様に送付する。
             ▼
4. 到着後パスポートと同じサインを申請書及びAPPENDIX8に記入。
月〜金(祝日を除く)のAM8時〜11時の間に当社からお渡しした申請書+(留学ビザの場合APPENDIX8)及び、パスポート原本+パスポートコピー、必要書類すべての原本及びコピー、申請予約証明書を持ち英国ビザ申請センターで申請する。
※ビザ申請料は申請時に申請者本人でビザ代金を現金で支払ってください。
※申請時に必ず当社で受領することを面接官に言って下さい。
             ▼
5. 申請時にもらう引き換え用の受領書(領収書)+パスポートコピー及び英文委任状(フォームあり)を当社まで送付。
6. 査証が出来上がり次第(申請から約1ヶ月)当社(JACC渡航センター)で代理受領し、お客様に送付する。
 Tire4 (留学ビザ)
 取得数:申請出頭後2週間以上
 料金 実費 → 英国ビザ申請センターにて直接支払う。
 当社手数料+(通帳などの翻訳証明が必要な場合は別途料金)
1. パスポート+お持ちの方は旧パスポート(外国籍の方は日本の再入国許可取得済み)
2. 申請書(オンライン登録)+APPENDIX8 (追加申請書)
3. 写真3.5×4.5p 1枚 (背景は白のみ)
顔の大きさが頭から顎までが29〜34o、脱帽、無背景、眼鏡使用の場合は眼がフレームにかかっていないこと等が条件となります。
4. 現地学校[スポンサー]より発行されたCASナンバー(Confirmation of Acceptance for Studies 英国における教育機関でSPONSOR REGISTERに記載されている学校のみ発行できるもの)
現地学校の詳細、留学内容、授業料等費用を支払い済みのCASナンバー内容詳細レター
※コースは英語レベルB1もしくはB2以上(下記7、を参照)
現地学校のレターヘッド使用でオフィサーのサイン、学校印が必ず入っているほうが望ましい。
5. 授業料・宿泊費用等を支払い済みの場合は支払い済みの領収書・現地学校からのレターなど
6. 直近1ヶ月分(28日間)の記録のある預金通帳オリジナル+コピー(英訳で翻訳証明取得済み)
自己資金でない場合は、資金を出してもらう方の通帳及び英文費用保証書、戸籍謄本(英翻訳証明)
(18歳未満の方で自己資金でない場合は、資金を出してもらう方の通帳、英文費用保証書、戸籍謄本(英訳・翻訳証明済み)、両親の英文同意書、両親のパスポートコピー
※最終記帳を申請日より1ヶ月以内にし、最終記帳金額は動かさないこと
申請者が日本人で現地学校がHighly Trusted Sponsorならば不要
7. 現地学校へCASナンバーを取得するために提出した書類→公的機関発行の英語力証明書(TOFEL・TOEIC・IELTS・大学の英文成績証明書など)(英訳)
◎ Common European Framework of Reference for Languages(CEFR)で定められた英語能力B1レベル以上の英語力が必要
◎ NQFレベル6(Degree)以上のコースで留学する場合は、英語能力CEFR B2レベル以上の英語力が必要
申請者が日本人で現地学校がHighly Trusted Sponsorならば不要
8. 過去にイギリス留学経験がある場合はイギリスでの学歴、資格、成績証明書、卒業証明書
(英語でない場合は英訳後、翻訳証明を取得する。)
9. 英語コース以外の方は事前にSECURE ENGLISH LANGUAGE TESTを受けたスコアー表
※交換留学の場合は学校間の協定書
10. 申請予約証明書
☆弊社で代理受領する場合は委任状+申請時にもらう受領書(領収書)・パスポートコピー
すべての書類に対し原本+コピーが必要(但し、申請書、APPENDIX8、予約証明書はコピー不要)
英語以外の書類に関してはすべて英語に翻訳し、翻訳会社の翻訳証明が必要
18歳未満で費用を親が負担する場合は戸籍謄本オリジナル及び英訳の翻訳証明が必要
18歳未満の方は両親の英文同意書及び両親のパスポートコピーが必要
審査はフィリピン(マニラ)の英国大使館での審査となりますので、なるべく60日前にはご依頼ください。
また、審査の結果、領事判断での査証拒否となりましても弊社では責任は負いかねますのでのでご了承ください。
 ◆ STUDENT VISITORビザ (10ヶ月以内の英語研修のみ適用)
 
 取得数:申請出頭後3週間以上
1. パスポート(外国籍の方は日本の再入国許可を取得済み)+旧パスポート
2. 申請書(オンライン登録)
3. 外国人登録証の両面コピー(外国籍の方のみ)
4. 写真3.5×4.5p 1枚 (背景は白のみ)
顔の大きさが頭から顎までが29〜34o、脱帽、無背景、眼鏡使用の場合は眼がフレームにかかっていないこと等が条件となります。
5. 本人名義の銀行預金通帳+コピー(過去6ヶ月分の明記されてるもの) 表紙、1.2ページ目の→英訳(翻訳証明付)
金額は多い方がよい(留学費用・現地滞在費・宿泊費がカバーできる金額)
(申請時より過去1ヵ月以内に記帳してあり、過去6ヵ月の出入内容が確認できるもの。
申請直前に多額の入金がある場合は、通帳名義人からのサイン付英文理由書オリジナル1、コピー1とその理由を証明するための書類オリジナル1、コピー1が必要。
また親子関係の立証できる書類が必要(戸籍謄本・出生証明書など→英訳・翻訳証明付)
6. 英文在学証明書(学年・学部も明記していること)+コピー>
7. 日本の大学からの英文推薦状(レターヘッド使用、学校印、サイン入り)+コピー
8. 現地学校からの入学許可書(レターヘッド使用、学校印、サイン入り)+コピー
9. 英文日程表
10. 料金 実費約\20,000(滞在期間により異なる)→ビザ申請時に直接支払う
当社手数料+※通帳の英訳・翻訳証明代
上記2.、4.、以外の書類はすべてオリジナル+コピーが申請時に必要です。