株式会社 JACC渡航センター   株式会社 JACC渡航センター お問い合わせ
24時間の監視セキュリティーシステムにより皆様の個人情報を厳重に管理!世界各国の代理申請のできる国々におけるすべてのビザ代行取得・旅券の代理申請・各認証の代理手続・査証代行業務に関する書類作成などをお取り扱いしております。

北アメリカ>アメリカ合衆国

アメリカビザ
アメリカ査証には以下の種類があり、一部対象外(下記面接対象外者)を除き、国籍にかかわらず、面接を受けなければなりません。難しい申請書の作成、面接のポイント、ビザに関する情報などを詳しく丁寧にお答えいたします。


■ 面接対象外者
(1) 外交、公用、国際機関関係者、(A-1・2, G1〜4, NATO1〜6)
(2) 13歳以下、80歳以上の方
※但し、米国査証免除プログラム非参加国の方は上記に該当する方でも本人申請となります。
(13歳以下は面接免除)

      
■ 非移民ビザの種類
外交・公用ビザ (A, G) / 短期商用 (B-1) / 短期観光 (B-2) / 通過 (C) / クルービザ (D)
雇用 (E, H, L) / 学生 (F) / 報道関係者 (I) / 交流訪問者 (J) / 婚約者 (K)
運動、芸能 (O, P) / 国際文化交流 (Q) / 宗教活動家 (R)
■ ビザ取得及び面談をする上での査証申請の流れ
1. お客様に当社指定の質問書に記入後、パスポート原本orコピー、DS160質問書及び写真原本、その他必要書類オリジナルを面接希望日の8日前までに当社に送付
(パスポート原本、その他必要書類オリジナルに関しては面接日の5日前に当社着でも可)
             ▼
2. 弊社にてGSS(GLOBAL SUPPORT STRATEGY)よりお客様のプロファイルを作成。
※お客様のメールアドレスが無いとプロファイルが作成できません。
 F1(留学)・J1ビザの場合は作成時にI-20(入学許可書)・DS2019の詳細が必要です。
             ▼
3. 当社がお預かりした写真5.1x5.1cm(背景は白で顔のサイズは2.5〜3.5cm)1枚をスキャンしてアップロードしDS160質問書を基にDS160申請確認書を作成する。
※F1(留学)・J1ビザの場合は、DS160申請確認書を作成時にI-20(入学許可書)・
 DS2019の詳細が必要です。
             ▼
4. 申請確認書DS160の申請者の情報を入力し、弊社にて※各種ビザ申請に必要なチェック料
を大使館に入金。
             ▼
5. お客様の希望に添って弊社にて面接予約を取り、面接予約証明書を発行する。
 ★事前申請の場合は面接予約証明書のみお客様にお渡しします。
             ▼
6. 当社からパスポート原本もしくはパスポートデータ面コピー、申請確認書DS160など必要書類すべてを大阪領事館に面接日の3日前までに事前申請する。
(パスポート原本及び必要書類オリジナルは面接日の5日前までに当社に送付してください。)
  面接日の5日前までに必要書類が揃わない場合は、事前申請できませんので、申請者ご自身で パスポートを含めたすべての書類をアメリカ領事館に持参するようにしてください。
その場合、弊社で作成した書類(下記)は面接前にお客様にお渡し(送付)します。
(DS160/面接予約証明書/ビザチェック料振込控え/ステッカーなど)
             ▼
7. 指定された面接日に申請者が面接予約証明書を持ってアメリカ領事館に出頭する。
(当社にて事前申請していない方はすべての書類を持って出頭する。)
             ▼
8. 査証が出来上がり次第、アメリカ領事館からGSS経由で当社(JACC)が受領し、お客様に送付する。
■料金について
(DS160作成+面接予約+※チェック料振込+受領) ※チェック料($160など)+手数料
※ビザチェック料(実費)はビザの種類により異なります。
(B/C/D/F/Jビザは$160・Eビザは$270・H/L/O/P/Q/Rビザは$190)
◎SEVIS登録(F,M,Jビザ)$200(Jは$180)+手数料
 
  ※当社では団体面接も受け付けております。お問い合わせください。
取り扱いビザ一例
 B1/B2(短期観光ビザ)
○ 外国籍
1. パスポート
2. 旧パスポート(以前アメリカビザを取得したことがあれば必要)
3. 査証申請料金$160の振込み控え
4. 申請書DS160   
5. 写真5.1×5.1cm(背景白でカラー写真.顔のサイズが2.5cm〜3.5cm)
6. 外国人登録証カードの両面コピー (外国籍の方のみ)
7. 英文預金残高証明書
8. 英文休暇証明書もしくは英文在職証明書
★学生は英文在学証明書
★未成年・無職・主婦の場合は親族の同意書
9. 英文日程表
10. 配偶者が日本国籍の場合は配偶者の戸籍謄本
11. Supplemental Questionnaire(国籍による)
★北朝鮮籍については本国紹介となる為.約2ヶ月以上かかる。(査証拒否される場合も
  ある。)
※ ロシア.ブラジル.中東.など国籍によってはビザ申請料金とは別にビザ発行料金が
  必要な場合があるので注意してください。
 ◆ F,M,ビザ(留学)
◎2003年現在I−20に記載の学校開始日前3ヶ月以内ではないと査証申請出来ない。
 仮にビザが取得できても学校開始日より1ヶ月前からしか入国できない。
(F−1,M−1)
1. パスポート
2. 申請書DS160
3. 査証申請料金$160の振込み控え
4. 写真5.1×5.1cm(背景は白のみで顔のサイズが2.5cm〜3.5cm)
5. I−20入学許可書(Page1の下面にサイン.英文名.サインを記入した日の日付)
6. I−901(SEVIS管理費200ドル支払い領収書)
7. 英文預金残高証明書
8. 詳しい目的、現地や日本帰国後の計画を述べた英文エッセイ
9. 最終学年の成績証明書(過去5年間に米国へ留学経験のある人は、通っていた学校全ての成績証明書が必要)
★ Mビザ申請でフライトトレーニング目的の場合、履修する飛行機の規模・重量等を記したレターが別途必要
 ◆ B-1(短期商用ビザ) 可能滞在日数180日まで
日本人のB‐1ビザ取得に関して.現地会社や研究施設からB-1ビザ取得依頼があった場合や.商品等の販売先(別会社)への商談等.直接現地の仕事に携わらない場合は取得できるが、機械のメンテナンス、技術指導等の目的で渡航する場合は.領事判断となる。仮に同目的でも渡航先の会社が、日本企業の現地法人などの場合はB‐1ビザの取得は出来ない。よってその場合はE.L.H.ビザを取得する。
1. パスポート
2. 写真 5.1×5.1cm(背景は白のみで顔のサイズが2.5cm〜3.5cm)
3. 査証申請料金$160の振込み控え
4. 申請書DS160
5. 英文会社推薦状
6. 米国会社との関係を証明する書類※(学会の場合は不要.但し現地からのインビテーションレター要)
(1) 米国側の取引先との間に商品売買契約がある場合⇒売買契約書のコピー
(2) 技術者を技術指導などで派遣する場合⇒人材の派遣に関する契約書のコピー
(3) (1).(2).共に該当する目的で渡航する場合⇒売買契約及び技術者派遣等.双方の記載してある契約書
(4) 米国側の会社と正式な契約を交わしていない場合⇒査証を申請(取得)するために契約書を作成してもらう。
(5) 日本側会社と米国側会社との間に他社が仲介している場合⇒すべての会社間での契約書(A社日本側⇔仲介他社⇔B社米国側)
◎Bビザの要領
BビザはB-1(商用)・B-2(観光・訪問)と分かれており.滞在可能日数も米国への入国時に審査官によって滞在期間が決定します。