株式会社 JACC渡航センター   株式会社 JACC渡航センター お問い合わせ
24時間の監視セキュリティーシステムにより皆様の個人情報を厳重に管理!世界各国の代理申請のできる国々におけるすべてのビザ代行取得・旅券の代理申請・各認証の代理手続・査証代行業務に関する書類作成などをお取り扱いしております。

アジア>タイ王国

タイ
観光ビザ 取得日数2日(但し、北朝鮮籍は本国照会がかかるため約1ヶ月)
必要書類
1. パスポート(外国籍は日本の再入国許可を取得していること)
2. 申請書1枚(枚数は国籍により異なる※中国籍は3枚、北朝鮮籍は4枚)
3. 写真4x4.5cm 1枚←日本人(枚数は国籍により異なる※中国籍は3枚、北朝鮮籍は4枚)
4. 航空券オリジナル又は予約確認書
5. 英文の残高証明書(ご本人名義で残高が50万円以上)
6. 外国人登録証の両面コピー
7. 下記の表を参照
※無職の場合は領事判断となりますので査証が発給されない場合があります。
※外国籍の英文保証書の保証人は日本人か日本の永住権取得者。保証人が外国籍の場合
は保証人の外国人登録カードの両面コピーがいる。(サイン入り)
※中国、北朝鮮籍はチケット通りの滞在しかビザはおりない。
※中国・北朝鮮籍の会社員の方は英文在職(休暇)証明書を提出する場合は以下のいずれか
が必要になります。
1. 在職している会社の登記簿謄本オリジナル(3ヶ月以内に発行されたもの)
2. 営業許可書コピー
3. 納税証明書オリジナルまたは源泉徴収票オリジナル(コピーでも可能)
  日本国籍(30日間無査証滞在可能)    外国籍(無査証滞在不可能)
会社員 英文在職証明書(レターヘッド使用。責任者のサイン、社判、角印要、役職、所属部署、入社年月日、月収を明記)
英文保証書(領事館指定のフォームあり)及び保証人のパスポートコピー
英文在職証明書(左記と同じ)(短期滞在)
英文休暇証明書(30〜60日滞在)

英文保証書(領事館指定のフォームあり)及び保証人のパスポートコピー
自営業 会社の登記簿謄本オリジナルor営業許可書の写しor英文休暇証明書(上記のどちらかが提出できない場合)
英文保証書(領事館指定のフォームあり)及び保証人のパスポートコピー
左に同じ
学生 英文在学証明書
英文保証書(領事館指定のフォームあり)及び保証人のパスポートコピー
左に同じ
無職 親族からの英文保証書(領事館指定のフォームあり)及び保証人のパスポートコピー 左に同じ
主婦 保証人親族からの英文保証書(領事館指定のフォームあり)及び保証人のパスポートコピー 保証人からの英文保証書(領事館指定フォームあり)及びパスポートのコピー
実費4,500円+当社手数料
〔商用シングル〕  滞在可能日数90日  査証有効期限3ヶ月
1. パスポート(残存は入国時に6ヶ月以上)
2. 申請書1枚 (国籍により4枚)
3. .写真(4.5cmx4cm)1枚 (国籍により4枚)
4. 航空券又は予約確認書(エージェント発行可)
5. 英文会社推薦状(レコメンテーションレター)※会社の社印、角印、丸印要
申請者の役職、所属部署、雇用期間(入社年月日記載する)、月収(基本給のみで手当て、残業代を含まず(記載例:Salary : \2.2.2.2.2./month。)年収記載不可)が必要。
6. 現地からの招へい状(インビテーションレター)※現地会社の社印要、サイン要
7. 現地の会社の登記簿謄本(タイ語)のオリジナル(発行から3ヶ月以内のもの)
登記簿本のコピーを提出する場合は、インビテーションレターにサインしてある方の
サインと現地会社の社印のオリジナル、各一部ずつに必要。
〔Oビザ(家族ビザ)〕を取得の場合、上記の書類に戸籍謄本を添付し、
夫と別々の申請の場合は夫のパスポート、タイでの一番最新の出入国スタンプ、ビザ面、
ワークパーミット面(写真の載っているページ、有効期限の載っているページ)のコピーが必要
※但し駐在者と同時申請の場合は雇用契約書のオリジナルの提出が必要
8. 駐在で渡航する場合は給与の支払先からの雇用契約書及びその旨を5、or6、に
記入する。
9. 外国籍は外国人登録カードの両面コピー
半年、1年マルチ申請の場合はレコメン、インビテーションにマルチ希望の旨を記載すること。
2回目以降の渡航予定日、日数もレコメン、インビに記入すること。
予約確認書に関しても回数分必要
マルチは領事判断となるので必ずしも発行してくれるとは限らない。 (駐在目的は不可)
◆ マルチ取得についてはお問い合わせください。